SwirlGearの特許は無料にするつもりです。

まだ、製品化されるのはず~っと先の事になるのですが、
特許についての考えを表明しておきます。

と言っても、何の特許?
どの製品?

って言うか、まだ何も出来ていないから、表現するのはちょっと難しいのですが
少なくとも SwirlGear は、今のところ世の中に無いらしいので、特許申請の
手続きを進行中です。

特許は先願主義(先に申請した人の権利となる)になっているので
早く申請しなきゃ。
(つい何年か前まで米国では先発明主義だったのですが、その米国も世界標準に
合わせて先願主義になったようです)

実は...
特許自体は、わりとどうでもいいと思っているのですが、
それでも一応申請しようとは考えています。

何故かと言うと、所謂 特許トロールに対抗する為!

wikiによると、
自らが保有する特許権を侵害している疑いのある者(主にハイテク大企業)に特許権を行使して巨額の賠償金やライセンス料を得ようとする者を指す英語の蔑称で、その多くは、自らはその特許を実施していない(特許に基づく製品を製造販売したり、サービスを提供したりしていない)

ようするに、
貴方の会社の製品は、私の特許に抵触いる...とか
人の特許に似た、ちょっと違うものの特許を申請したりして、
何も作って無いくせに、
いちゃもん付けて賠償金を得ようとする不埒な輩がいるからです。

ろくでもない.....

良いアイディアがあったら、それを製品化して、多くの人に利用してもらいたい。
特許料なんてもらわなくても、製品の販売益で十分儲かる。

他社が、この特許を使いたいと言えば、喜んで提供します。

この特許を活用した製品が増えれば、それを無償で提供したとしても、
より多くの人に利用されてありがとうございました。特許の価値は上がるわけですから、問題無い。

って言うか、良いアイディアは人類皆の物!

知的財産については、それを国を挙げて守ろうとしているのは、
まぁわからんでも無いですし、世界がそういう風に動いているので、
しょうが無い部分はあるのですが、

...本当は特許権なんて要らない、世界中の人は間違っている!
...と個人的には思ってます。

知的財産は皆の物でいいじゃない。
その方が世界の進化は早まると思うよ~

なので、
ここで宣言しておきます。

私達の特許を使いたい方(個人でも、会社でも)は
こちらに連絡をください。

その時に、どんな製品に活用するのか教えて下さい。
特許料はいりません。

連絡が貰いたいのは、自分達が開発している物が、どんな製品に使われて
いるのか知りたいから。

場合によっては、その製品を私達も販売したいかもしれないし、
共同開発するかもしれないから。

連絡は頂ければ、出来る限り詳細をお伝えします。

こちらに無断で、使用したとしても別に罰則はありません。
どんどん、やって頂いて構いません。

ただ連絡を頂いた方が、双方にとってメリットがあると思います。

是非よろしくお願い申し上げます。