Electric 電気自動車

FANローターエンジンの開発

みなさま3ヶ月ちょいのご無沙汰でした。

...すみません。

私がご無沙汰している間にもヒロ君は着々と開発を進めており、私達のエンジンの
基幹部品であるFANローターを3Dプリンタで出力して持ってきてくれました。

こちらです。

FANROTOR01FANROTOR02FANROTOR03

FANROTOR04FANROTOR05

FANROTOR07FANROTOR09FANROTOR08

おぉ・・・感動的です。

前回 既にヒロ君がアップしていた写真も動画も見ているのですが、あらためて
頭の中でイメージしていた物が、こうして手に取って上下左右360°回して、
眺める事が出来るなんて...素晴らしいの一言です。

想像していた物が形になる、モノづくりの一番楽しいところですね!

実物が(モックアップですが)目に見え、手に触れる事が出来るようになり
いよいよ、次のステップに踏み出す時が来たようです。

とは言え、ここで新たなステップを踏む前に、ちょっとこの先の展開を
考えなければならない段階にきました。

何を考えなければならないか?..と言うと、それは最終目的地を決める事

目的地に向かって最短距離を走る事が、時間的にも開発費用的にも必要です。
私達には遠回りしたり、行ったり来たりする余裕はありません。

・・・・まぁ別に締切りがある訳では無いので、時間はあるちゃあるけど、
費用的には、お得ではないので、無駄な事は出来るだけしたくないです。

そこで、私達が考えた最終目的地ですが、
<<< シリーズハイブリッドによる電気自動車の開発 >>>
です。

私達が開発しているエンジンはもちろんガソリン(orその他の燃料)を
燃やしてエネルギーを得るのですが、その燃焼エネルギーをバッテリー
の充電のみに使おうと思っています。

シリーズハイブリッドの詳しい説明はWikiでも見て下さい。

国内メーカーだと、日産のe-POWERとかがそうです。

通常のハイブリッドカーは、ガソリンエンジンと大容量バッテリー
を搭載していますが、私達がプリウスのような自動車を開発するのは、
ちと荷が重いです。

一番簡単なのは、もちろん電気自動車です。
遊ぶだけなら電池で動くゴーカートだったらすぐ作れます。
(お金があればですけど)、

実用の車両となると、そう簡単ではありませんが、市販されている
EV用プラットフォームを流用すれば、開発費用も安く抑えららるんじゃ
ないかなぁ....などと考えています。

EV用プラットフォームは既に、京都のGLMという会社が販売していて
800万円ぐらい。レンタルで月額14万円だったでしょうか。

GLM01

GLM02

GLM03

海外では、情報が定かではありませんがフォルクスワーゲンもプラット
フォーム事業に乗り出しているらしいです。

VW01

おそらく今から5~10年ぐらいは、EVプラットフォーム事業が
盛んになるような気がします。

自動車開発は莫大な費用が掛かるので自動車用プラットフォーム事業
が盛んになってくれれば、開発期間も大幅に短縮出来るしコストもを
抑える事が出来るので願ったりかなったりです。

私達が開発を進めているエンジンをこのEVのプラットフォームに
載せる事で、バッテリーの小型化・軽量化する事が出来、充電インフラの
不安も解消する事がが可能になります
軽量化する事で、当然燃費も改善できるしね。

目指すのは、
電池+10リッターで航続距離500km以上!
車輛価格:300万円以下
(将来は小型軽自動車規格で100万円以下にしたいですね。)

この辺が現実的な目標でしょうか。

将来の方向性と目標はこんな感じで、次はもう少し設計を進めて、
SwirlギヤとFANローターを組み合わせ、エンジン回りの全体像を
お見せ出来るようにしたいと思います。

乞うご期待!!!

関連記事

  1. 新エンジンの仕組み...その3
  2. エンジンオイルはなぜ必要?
  3. 次世代自動車を開発する私の思い。世界に飛び出せ!
  4. Well to Wheel の話し
  5. Swirl歯車とは...その3
  6. 今すぐチェック!最近話題のEVを買ってエコドライブに出かけよう!…
  7. FANローターエンジンの開発設計!
  8. FANローターエンジンの開発・・・その3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP