未来のFun(楽しい)車作り~Hiroの未来予想~

2019年3月19日

こんにちは!nctech社(仮)のプロモーション担当Hiroです!
あなたにとって、車とはどんな存在でしょうか?

そもそも、あなたが乗っていて「楽しい!!(Fun!!)」って思える車に出会った事はありますか?(私Hiroは幸いにも、そんな「楽しい!!」って思える車と出会えた一人です。)

もちろん、私が楽しい!面白い!と思う車がそのまま、あなたにも「楽しい!」と感じてもらえるとは限りません。でも、楽しい(Fun)と思える車のカタチって沢山あっていいと思うんですよね。


そこで、今ある技術から私が想像する未来の「楽しい車」、
「Funな車」について未来予想してみたいと思います。 

  コネクティブ(ネット通信)技術の応用で車と会話が出来る車                

今実用化しているコネクティブ技術で一番分かりやすいのは
トヨタの「LINEマイカーアカウント」ではないでしょうか。
https://toyota.jp/tconnectservice/service/line_mycar.html

仕組みは単純で、ラインで友達登録するのは自分の車です。

LINEで「〇〇に行きたい!」とか、「お昼までに着くには何時に出ればいい?」と質問すれば、カーナビに登録してくれたり、出発時間を教えてくれたりします。

 

でも、文字で打つ必要なんてないじゃないですか。

 

ここからは私の未来予想、Funな車の妄想ですが「音声認識+ディープラーニング」で会話で笑いが取れる車が出来るんじゃないかと思っています。ディープラーニングが進めば別に画一的な返答をAIがする必要はないじゃないですか?

未来のAIはお笑い芸人の性格をベースにする事も出来るはずです。例えば、出勤中に関西のお笑いAIを積んだ車に、何気なく話しかけてみます。

あなた「そういえば、次の日曜日デートに行くんだよな…。」

 

車「ほんまかいな?!あの娘と上手くいってるん?」

あなた「まあね。いい場所ない?」

車「わし、あの娘の趣味が分からんからな…」

車「そや!ツイッターかフェースブックやってないん?」

あなた「やってるよ!職場に着いたらデータ送るよ。」

車「オッケーや。リサーチするから、あとで見といてな。」


職場に着き、あなたは車にデータを送ると、昼休み前にはスマホに車からのメールが届きます。そこには、複数のデートの候補場所が送られてきており…。

あなたが良いなと思った場所をスマホで登録設定すると…

 

車「ナビのセットOKや!」
「当日は彼女に乗り換えられない様に頑張りや!!」

(ちょっとお節介な励ましメールが来る)

そんな未来も遠くないのかもしれません。

 

あなたが思う、「Funな車」を想像して一緒に夢見てみませんか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加