Our engine 私たちのエンジン

FANローターエンジンの開発・・・その2

昨日、自分がバカだという事に気づきました。(^^;
(もっと早く気づけよ!)吸排気は側面に付いてても問題無いんだな。

..と言うか側面しかないだろ!

なので、こんな形

なんとなく、こんな形になるのかなぁ...と思ってます。
吸気口・排気口は2つづつになるかもしれません。

・・・・・

が、この動画を見て下さい。
(3分00秒ぐらいから)

これは、GYATK Corporate ってところの RVCR.テクノロジーのエンジン
動作は似ていますが、回転の途中で止まってます。
止まってるから、吸気・排気が出来るんだよなぁ...

点火タイミングはいいとして、爆発した後にどうやて排気するのか不明。
コマ送りにして確認してみたけれど、排気ポートが開いて排気してるように
見えるんだけど、そのまま圧縮に移り、また爆発している...
2サイクル???

イマイチ良くわかりません。完全に排気出来てるのでしょうか?

 

それに、私としては回転を途中で止めたく無いんです。
止めると、また動き出す為にパワーが必要になるし、1分間に
何回転するのかにもよりますが、確実にコンマ数秒の制御が
必要になってくるので、そんな事出来るのか??? ...です。

2サイクルの方が効率は良さそうではあるければ、排気ガスは
確実に汚くなるだろうし、制御でき無さそう。

4サイクルで、吸気・圧縮行程と爆発・排気の行程をきちんと分けた方が
制御はしやすいと思われます。

まだ、作っても居ないので何とも言えませんが...

しかし、こんな動画を作ってるくらいだから金はあるんだろうなぁ 羨ましい!

 

関連記事

  1. エンジンのトルクと馬力の関係
  2. エネルギー効率を上げよう!
  3. FANローターエンジンの開発
  4. FANローターエンジンの開発・・・その4
  5. 新エンジンの仕組み...その3
  6. コロナと激動の1年間
  7. ギヤ3Dプリント試作品完成間近!
  8. Herringbone gears !!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP