次世代自動車の技術開発情報サイト

menu

New Car Technology Online

点火について設計をしようと思ってましたが、大事な事をもう一つ忘れてました。

 

それは
インジェクター

 

燃料噴射の事ですね、20年前ぐらいまではキャブレター車が
主流でしたが、今はほとんどがインジェクターにとって代わられています。

エンジンのシリンダー(弊社のエンジンではハウジング)内に燃料を
噴射するのが、インジェクターです。

インジェクターは燃料噴射をコンピュータ制御しているので、ちょっと
これは自分では作れそうもありませんので、どっかから買うしかないと思います。

ネットで検索してみたら、意外と安いね2~3万もあれば買えるんですね。
まぁタイプがいろいろあって、どれが使えるのかは試してみないと分かりません。

ともあれ、ハウジング内に燃料を噴射しない事には燃えるものが無いので
爆発もはじまりません。(^^;

問題は、どのタイミングで燃料を噴射するのか? なのですが、
既存のロータリーエンジンの場合、インジェクションは
吸気ポートの内側にあるようですね。

...あれ?

吸気ポートは弁が付いて無いんだ!

今さらですが、既存のロータリーエンジンの分解図を見て気付きました。
私達が考えてたように、ローターが回転する事によって、吸気口は塞がれる
ので蓋をしなくても良いようですね。

ですが、何処にインジェクターと取り付けるのかは考えどころです。

吸気の後は圧縮行程に移るわけですが、空気は圧縮すると温度が上昇するので、
充填効率が下がります。

そこに、燃料を噴射すると気化熱で燃焼室なの温度が下がる。
そうするとさらに空気を押し込める事が出来るようになる。

混合気の理想的な割合は14.7:1と決まっているので、出来るだけ
その割合に近づけたい。

既存のロータリーエンジンのように吸気管の内側にインジェクターを
取り付けると簡単ですが、そうすると充填効率は上がらない?
燃料を噴射する事で圧縮する混合気の温度を下げつつ充填効率を
上げて、理想的な比率にして爆発させたい。

...ちょっと難しい宿題を出されちゃったようです。

 

吸気管の内側に付けないとすると、吸気中にローターの回転に合わせて
燃料を噴射する事になりますが....

吸気中に噴射するのが良いか?
それも、吸気始めが良いのか、吸気終わりが良いのか?
それとも圧縮中に燃料を噴射した方が良いのか?

圧縮するのには当然パワーを食いますので(ポンピングロスってやつですね)
出来るだけ軽い力で圧縮したい。
...となれば圧縮中に噴射した方が良いような気がしてます。

左が吸気中に燃料を噴射する場合、右が圧縮中に燃料を噴射する場合です。

右側の圧縮中に燃料を噴射した方が、充填効率とポンピングロス低減
の観点から良いような気がしますが....

今度は、空気と燃料がちゃんと混ざるのか? って問題が発生します。
従来のピストンエンジンは燃料が渦を巻くようにシリンダー内に流れて
うまい具合に混ざるみたいですが、私達には今のところそんな技術はありません。

しかもFAN型のローターが圧縮する行程の形状は円でも球でもありません。
偏った形状をしているので、ちゃんと混合出来るんか不安です。

まぁ 今悩んでもしょうがないので、それは後で考えよう!
今さら宿題が一つ増えたところで、やる事は変わりません!

さぁ 次回はやっと点火の設計です。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031